• 京都市北部山間かがやき隊:久多担当

久多で、どんどが行われました

2020年1月12日(日)

京都市左京区久多でどんどが行われました。


どんどは、正月のお飾りを焼いて無病息災を願う行事です。(久多では)どんどの中心部分に立てた竹の根元に、各家から集まった正月のしめ縄やお飾りを置き、その周囲を、わら、かやで囲い、円錐形に仕上げます。(中心部分に立てた竹の先端には「エビ」と呼ばれるしめ縄を飾り、その年の恵方に向けます)


久多では、どんどの火で(上昇気流)書き初めを舞い上げ、高く飛ばすほど字が上達する。どんどで焼いたお餅を食べると1年を無事に過ごせる。残り炭を踏むとマムシにかまれない、という言い伝えがあります。


昔は5町ごとに、中学生、小学生が作っていましたが。今は1カ所で行われており、集落全体の行事となっています。



久多について

https://www.kokoima.org/kuta

0回の閲覧

ホームページ作成:京都市左京北部山間自治連絡協議会 開始日:2016年3月-

運用:左北山間自治連ホームページ部会 代表:部会長 制作協力:京都市北部かがやき隊